結婚出来る保証

同時にこうした「アンペイドワーク専門家」としての専業主婦妻の働きがなければ、長時間労働で有名な日本の会社で夫が働くことは困難でした。その意味で専業主婦は「会社とは無縁」どころか、その長時間労働システムの強い援軍であり、その強力な歯車でもあり、会社の「隠し資産」のひとつといってもいいくらいの存在だったのです。従って、真の違いは、「働くか、働かないか」ではありません。見返りとしてお金をもらう働き方(これを職業といいます)をとるか、お金になる働き方をしている他人(夫)の下支えを無償で行い、代わりに生活できるだけのものを一部割り戻してもらう働き方をとるか1.同じ働くにしても、労働の対価のもらい方が違うのであって、どう働いた方が自分にとっては有利なのかの選択なのです。二者択一論の問題点は、もう一つあります。「働くべきか」「働かないべきか」の「べき」論で物事が語られがちなことです。どんな女の人でも必ず安定した収入のある男性と結婚できる保障があり、その男性がきちんと妻の「お金にならない働き方」に見合うものを、一生通じて支払ってくれ、また、そうした自分の働き方にどの妻も満足していれぱ、それはそれで他人が口をはさむことではないでしょう。コミュニケーションは大切です。問題は、今の社会の枠組みを、お金をもらわない働き方をする女性を標準にして設計してしまったために、こうした男性にたまたま恵まれなかった女性や、自分で「直接お金になる働き方をしたい」という女性が、いざ、自分でお金を稼ごうとすると、大変な面倒を引き受けなくてはならなくなっている現実です。

参考:結婚相談所 比較

DY043_L

女性の幸福

女性の幸福のためには働いた方がいいのか、働かない方がいいのかというテーマは、女性の心の琴線にふれるものがあるようです。九○年代の今でも、新聞紙上には「男性に伍して働くより、家族の幸福を」といった専業主婦擁護論が、主婦の投書として何度も掲載され、そのつど外で働く女性から反論が寄せられています。しかし、今になってみると、こうした二者択一のテーマ設定そのものが、実は、一つの思い込みのもとに成り立っていたのではないかと思われます。例えば、「非人間的な会社の歯車になって働くより、家庭で家族の世話をしている方が人間的」という考え方は、専業主婦は「会社の歯車とは無縁」という錯覚にもとづいています。この世の中は貨幣経済ですから、お金がある程度はないと、食べるものさえ買えません。物々交換などの新しい経済システムにすべてを取り替えるような犬改革でも行わない限り、程度の差こそあれ、お金は必要不可欠なものなのです。専業主婦といえども、例外ではありません。それでは、専業主婦は、どうして食べていけるのか。簡単なことです。夫が代わりに、「会社の歯車」になって「非人間的」な働き方をしながらお金を持ち帰ってくるからです。一方、専業主婦は「働いていない」わけではありません。朝から晩まで、家族の生活を回していくために、お金にならない仕事に明け暮れているのです。また「働いている」女性の中にも、子どもを抱え、専業主婦とほぼ同量の家事や育児をこなしながら、お金になる仕事をしている例は少なくありません。男性でも父子家庭では同様の例があります。人々は、こうしたお金にならない仕事(主婦だけがやっている仕事ではないことから、最近は主婦業とは呼ばず、アンペイドワーク=払われない労働、つまり無償労働と呼ばれ始めています)と、お金になる仕事(ペイドワーク=払われる労働、つまり有償労働)の二つを様々に組み合わせて生きているわけで、専業主婦は、これらの多様なパターンの中で、アンペイドワークだけを特化して引き受けている特殊な働き方なのです。


参考:出会いがない 社会人

DY042_L

結婚後女性は働くべきか

もう一つ、女性の近未来を考える上で重要なことは、「働くべきか」「働かないべきか」という二者択一の発想を捨てることです。これまで女性の間では、「働くべきだ」「いや働かない方がいい」をめぐって、何度も論争が起きてきました。有名な例が、一九五五年から盛り上がった「主婦論争」です。「婦人公論」に載った石垣綾子さんの論文を発端に、主婦労働は価値があるかどうかをめぐって、大きな論争になりました。女性は主婦として家庭におさまるのではなく、より創造的な仕事につくべきだ、との石垣さんの主張に、「主婦業も重要で創造的な仕事」との反論が寄せられました。ある論者からは、「会社に働きに出かけてその歯車になるより、結婚して家庭で家族の世話をし、命や暮らしに関わる家事に従事した方が人間的」との主張も出ました。八○年代には、ある女性史家が、女性が職場で使い捨てられている今の状況を変えるため、女性は職場から撤退すべきだ、と主張する「総撤退論」を発表しました。これに対しては、「自分でお金を稼がなければ食べていけない女性を視野に入れていない非現実的な論法」との批判が出ましたが、またしても「女性の解放のためには働いた方がいいのか、働かない方がいいのか」といった論議が蒸し返されたのでした。

参考:出会い系 サクラいない

DY035_L

女性の結婚までの様々な働き方

これまで正社員で働いていた女性たちが、アルバイトや契約社員などの働き方に変わってほしい、と通告される例も目立っています。男性と同じに家庭をかえりみず、「バリバリ」働くキャリアウーマンのイメージとも、また、結婚までの時期を「職場の花」として男性社員に仕える、いわゆる「OL」のイメージとも異なる様々な働き方が広がっているのです。どの生き方も多数派を占められなくなりつつある中で、「普通」に自分を合わせていればすんだ時代は終わりました。多様な選択肢から自分が本当にしたいことを、自分の頭を使って懸命に選び取らざるをえない時代の入口に、皆さんは立たされているのです。知り合いのあるキャリアウーマンに、思春期の娘さんがいます。年頃で反抗期に入り、しばしば母親に食ってかかるのだそうです。なかでも反発の大きいのが、「普通」という言葉だといいます。「お母さんは何かあるとすぐに普通にしなさいっていうけど、あれはやめて」と怒られます。いまや実態のない「普通」を強制されるのは、娘からみれば「こうあってほしい」という母親の勝手な思い込みや願望を、「普通」という言葉にすりかえて押しつけているだけのずるい方法だ、というわけです。近未来を見通すためにはまず、「普通」という言葉に頼るのはやめましょう。大切なのは、「普通」か「普通でない」かではなく、自分は何がしたいのか、したくないのか、何ができ、何ができないのか、自分がしたいことに近づくには、何が必要か、なのです。

参考:結婚相談所 選び方

DY011_L

結婚相手として避けたい人

結婚を、こどもを生む手段と考えた時代があったことは、そのぱあい、妻はこどもを生む道具でしかありませんでした。今日でも、それと似た結僻もないわけではありません。
結婚生活を、こどもを生み育てるための手段としか考えない結塒かそれです。このばあい、妻はやはり、こどもを生み育てる手段にすぎないことになります。
夫はこどもと、こどもの母親を認めても、妻は認めません。そういうばあい、結婚生活は手段にすぎず、そこに其の結婚生活がありえないことは明らかである、といわなければなりません。
男だけでなく、女にも、結婚生活を手段としか考えない例がみられます。もっとも多いのが、結婚生活を生きてゆくための手段と考えるばあいでしょう。
こういうばあい、夫は、たんなる扶養者またはかせぎ手としかみなされないことになります。結婚生活をこどもを生み育てるための手段としか考えない女性もあり、そのぱあいにも、夫は、たんにこどもの父親としかみなされないことになります。
家族の機能として育児があることは、まえに述べたとおりです。しかし、結婚は育児の機能をはたしさえすれば、それですむものではありません。夫は、こどもの父であると同時に夫でもあり、妻は、こどもの母であると同時に妻でもあってこそ、はじめて結婚生活が完全なものとなるのです。結婚を完全なものとしようとおもうなら、このじじつを忘れぬようにすることが重要です。
何であれ、結婚や結婚生活を手段としか考えないような相手は、できるかぎりさけるのが賢明だということになりましょう。
もうひとつ、結婚を手段としか考えない相手ほどではなくても、できるだけさけたい相手について、述べることにしましょう。それは、生活階層の差が大きい相手です。
現代社会が、階層の差を縮小させつつあることはじじつであり、いまさら階層をもちだすのは、いかにも古い感覚だと考えるひともいるかもしれませんが、現実の問題としては、やはりこの点を無視するわけにはゆきません。


参考:

cropped-cropped-011.jpg